闇金の金利は高いのか

闇金の何が問題か、やはり違法な金利は大きな問題です。トイチやトサンなどという言われ方をしますが、10日で1割、10日で3割という金利は異常です。

 

しかし、借りる立場からすれば利息が1割りや3割であれば、それ程問題がないように感じるケースも実際にあります。実際に正規貸金業者の利息との違いを知れば、いかに違法な金利かがわかるはずです。

 

カードローンといえば消費者金融、サービスやスピード、審査などを理由に支持されていますが金利は高めといわれています。そんな消費者金融ですら、10万円借りた場合の金利が最大で18.0%です。

 

例えば5万円を借りた場合、消費者金融で30日にかかる金利は739円です。例えばここで1万円返済すれば、利息を差し引いた9,261円もの元金が減ります。

 

それでは、例えばトサンで5万円借りた場合、30日にかかる利息はいくらになるでしょうか?10日後には3割の利息、これは15,000円です。さらに10日後、利息は複利計算です。45,000円に対しての利息が19,500円かかります。さらに10日後、84,500円に対して利息は25,350円かかります。

 

結果、元金5万円に対して利息は59,850円となります。消費者金融の739円と比べて、利息がこんなにも変わります。

 

冷静に考えればありえない金利でも、それ程かからないと思わせる辺りも闇金の注意点の1つです。

 

借り入れがある方がキャッシングが返せないとなると冷静な判断力を失って手を出ししてしまうのが闇金融なので、違法なところからは借りないように十分に注意をしてください。